クリックするとメニューが開きます
scroll
人文学部英語英米文学科

あいさつ

人文学部をさらなる成長の場に

松山大学で三番目に誕生した人文学部は、国際化および社会の変動に対応できる人材の養成を教育理念とし、英語英米文学科と社会学科の二学科体制でこれまで歩んできました。

学部開設の1974年から40余年。この間、私たちをとりまく社会は大きく変わってきました。いまや、モノも情報も簡単に国境を越えて行き来しますし、ヒトの往来も活発化しています。これからの社会を生き抜くためには、地元(四国松山)に軸足をおきつつも、広範かつ多面的な視野に立った思考や配慮・共感が必要とされています。

そのために、英語英米文学科には、英米文学・英米文化・英語学(言語学)・英語教育学の4つの専門領域が用意されています。生の英語や最新の文化に触れるために、ネイティブ・スピーカーの教員による授業や、コンピュータを用いた英語学習システム(CALL)を採用しており、高度かつ実用的な英語運用能力を身につけることができます。
 社会学科には、様々な分野の社会学の教員と社会福祉学の教員を十数人擁しており、バラエティ豊かな授業展開を行っています。社会学特有の問題把握の方法が学べ、社会調査関連科目の充実により、社会を的確に把握し問題解決できる人材養成を目指しています。開設11年目を迎えた2016年度には、社会福祉士課程でスクールソーシャルワーカー養成にも対応しました。これらも含め、人文学部は、環境の変化に柔軟に対応できるカリキュラム構成を行っていきます。
 同時に、変わらないこともあります。両学科の専門領域における教育と研究です。
 校訓三実に「真実」が謳われています。表層的なものではなく、その内側にある、人々の思惑の交錯・矛盾・葛藤や、物事が発生するメカニズムを探り、なぜその現象が発生したり、この文化ではこのように考えたり行動したりするのかを、あれこれと試行錯誤して解明していく。自分の頭で考えて発表し、誰かと議論することで、さらに、新たな発見がある。学生時代には、このような知的営みのおもしろさを是非とも体験してください。教職員が強力にサポートします。

4年間は、うっかり過ごしているとあっという間に過ぎ去ってしまいます。〇〇歳の時、自分はどこで何をやっているだろうか、と将来を想像しながら、学生時代を過ごしてください。時にはつまずいたり、立ち止まったり、後退したり、あるいは、順調に進んだり、進みすぎたりと紆余曲折があるかもしれません。自分で解決できないことは、教職員やゼミの仲間の力を借りるなどして対処するとよいでしょう。このような経験は、社会に出てからも必ず役に立つはずです。

大学で学ぶ主役は学生のあなたです。人文学部はチャレンジャーを待っています。

人文学部長 小松 洋

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
教務課
電話
089-926-7137
PAGE TOP