クリックするとメニューが開きます
新型コロナウイルス対策に関するお知らせ
年間行事予定
教務課からのお知らせ
情報センター課からのお知らせ
scroll
経済学部経済学科

イベント(学部教育)

経済学部ゼミナール大会

ゼミナール大会とは

松山大学経済学部では、年に一度「ゼミナール大会」として、演習担当教員の指導の下、取り組まれた共同研究の成果を発表し、参加者間で討論する場を設けています。同大会はゼミナール教育の活性化を始め、学生に論理的構成力やプレゼンテーション能力を身につけてもらうこと、活動成果を発表する機会を創出することを目的として、1987(昭和62)年度から始まったもので、今年で34回目を迎えます。いくつかの部会に分かれ研究報告を行い、報告内容の要点が明確に示されているかや、聴講者に対し理解を促進するように作成されているかなどを評価し、最優秀賞及び優秀賞を選出し、表彰式を開催しております。

2020年度スケジュール

2020年度 第34回松山大学経済学部ゼミナール大会を、下記スケジュールにて開催いたします。
各ゼミの学生は、指導教員の指示に従い、要領に基き、作業にあたります。

8月31日(月曜日) 大会申込書の提出締め切り
10月20日(火曜日) 参加ゼミ各班代表等の実行委員の初回顔合わせ
10月21日(水曜日) 各ゼミの4年次生から採点者2名選出期限
11月18日(水曜日) 論文の提出期限
12月2日(水曜日) 論点・質疑の事前交換と、大会の進行方針に関する打ち合わせの期限
12月12日(土曜日) 大会当日 13時00分~17時00分
12月18日(金曜日) 代表は大会報告書と論文を演習担当教員に提出する
12月25日(金曜日) 大会報告書と論文の提出期限(演習担当教員から電子ファイルにて提出)

ご案内

 ※決定次第お知らせします。

各種様式

1.2020年度ゼミナール大会実施要領はこちら
 2.2020年度ゼミナール大会参加申込書はこちら
 3.2020年度ゼミナール大会論文執筆要領及び評価基準はこちら
 4.論文見本はこちら

過去のゼミナール大会結果

2019年度 第33回松山大学経済学部ゼミナール大会

<最優秀賞>

テーマ
岩田ゼミ B班 eスポーツって部活動にしてもいいの?
赤木ゼミ C班 スマートシティがもたらす地域の未来―ICTでつながるまちづくり―
赤木ゼミ B班 DMOによる観光地域づくりの可能性―地域の魅力発信 地域住民とともに―
赤木ゼミ A班 シビックエコノミーが地域を回す―市民による公益的活動がもたらすもの―
溝渕ゼミ A班 子ども医療費無償化が人口・出生率に与える影響
上品ゼミ B班 コンビニサバイブ
岩田ゼミ C班 就活を握るファクター―その1つのGPA―
熊谷ゼミ C班 人口問題諦めたらそこで試合終了
上品ゼミ A班 松山大学生が松山市に与える経済効果について
道下ゼミ D班 関税のメリットとデメリットって?~自由貿易と保護貿易の違いについて知ろう~
井上ゼミ D班 探索する伊予遺産~アンダーツーリズムの活用~
熊谷ゼミ B班 愛媛にきてみんけん
井上ゼミ B班 不遇の愛媛土産に陽の光をあてよう
西村ゼミ C班 大学生のアルバイトによる能力向上に関する研究~松山大学経済学部三回生のアルバイト事情~

<優秀賞>

テーマ
溝渕ゼミ B班 「利他心 vs インセティブ」 ~ふるさと納税の視点から~
溝渕ゼミ C班 最適で快適なグループ人数の解析
岩田ゼミ A班 ペットを飼っている人幸せ説
熊谷ゼミ A班 愛媛の知名度をSNSで向上させるためには
功刀ゼミ A班 YouTuberの実態~登録者を伸ばす秘訣とは~
小林ゼミ A班 高齢者の労働生産性から見た定年延長
小林ゼミ B班 仮想通貨は法定通貨の替わりになり得るか
西村ゼミ A班 日本の新卒就職市場の今後について
間宮ゼミ A班 松山大学が愛媛県に及ぼす経済波及効果
功刀ゼミ D班 SNS による店舗宣伝方法には影響力があるのか
小田巻ゼミ B班 ベーシック・インカムの活用
井上ゼミ A班 健康大国「ASEAN」
柳原ゼミ B班 #スタバ好き集合!~若者が求めるもの~
蓮井ゼミ C班 松山大学生の就職に対する意識調査

2018年度 第32回松山大学経済学部ゼミナール大会

<最優秀賞>

テーマ
溝渕ゼミ C班 インスタは人の行動を変えるのか!?
赤木ゼミ C班 CSVがもたらす地域社会へのインパクト―四国各地の事例から―
柳原ゼミ B班 これで投票率UP間違いなし!?若者向けの新投票システム
熊谷ゼミ B班 働きやすい環境
溝渕ゼミ A班 ゼミ選考の満足度、最大にしてこうよう(効用)!
赤木ゼミ B班 関係人口がもたらす地方創生―四国各地の事例から―
熊谷ゼミ C班 愛媛県のインバウンドを振興させるには
赤木ゼミ A班 グリーンツーリズムを活用した地域再生―四国各地の事例から―
岩田ゼミ C班 外見的な自己投資と恋愛事情 服装・スキンケア・ヘアスタイルの優先順位
溝渕ゼミ B班 「就活の勝ち組」になりたくないですか?
井草ゼミ D班 足元の幸せを拾うには

<優秀賞>

テーマ
安田ゼミ A班 Χ(カイ)2乗検定
西村ゼミ B班 財政面から見る社会保障について
掛下ゼミ D班 携帯会社の比較
井上ゼミ A班 自転車は愛媛を救う
井草ゼミ B班 4回生に聞いた!就活で満足するテクニック
蓮井ゼミ B班 松山大学生の防災意識
井上ゼミ B班 日本を救う!?結婚制度の変化
井草ゼミ C班 GPA向上大作戦!?
井上ゼミ C班 線路は続くの いつまでも?
熊谷ゼミ A班 地域ブランドで目指す地域活性化
井上ゼミ D班 愛媛に首都機能を分配する
柳原ゼミ A班 なぜ人はブランドに媚びるのか
松井ゼミ A班 中山間地域の活性化
小田巻ゼミ A班 日本とスウェーデンの社会保障
道下ゼミ A班 日欧EPAについて
松井ゼミ B班 日本の米の生産と海外展開
張ゼミ F班 南海トラフ地震対策の現状と課題-高知県の地震対策取り組みを中心に-
加藤ゼミ B班 愛媛版Gentrification ~空き家の「今」と「未来」~
掛下ゼミ B班 株式会社フジと三越伊勢丹ホールディングスの財務分析

2017年度 第31回松山大学経済学部ゼミナール大会

<最優秀賞>

順位 テーマ
第1位 赤木ゼミ B班 里海を活用した地域再生ー瀬戸内海地域の事例からー
第2位 赤木ゼミ A班 クラウドファンティングの取り組みと効果:各地の事例から
第3位 赤木ゼミ C班 シビックプライドの醸成と要因~四国各地の事例から~
第4位 溝渕ゼミ C班 うさぎのしつじ、日々のつぶやき
第5位 道下ゼミ A班 人手不足と外国人雇用
第5位 熊谷ゼミ B班 松山大学が学生の自己実現に向けてより良い場を提供するための研究
第7位 井草ゼミ B班 マジでやばい!若者の政治離れ
第8位 井草ゼミ C班 地域の元気度と住民の幸福度の関係に関する調査
第9位 加藤ゼミ C班 南予地域における養殖漁業の基礎構造~ハマチとタイ養殖の構造的差異を経営体実態調査から再検討~
第10位 井上ゼミ C班 課金と消費
第10位 道下ゼミ B班 人手不足危機と各企業の対応
第10位 溝渕ゼミ B班 まだ間に合う!クリスマスまでに身に付けるモテの極意!

<優秀賞>

順位 テーマ
第13位 井上ゼミ A班 ディズニーと夢の価格
第14位 松浦ゼミ A班 アベノミクス~デフレは脱却できるか~
第14位 井草ゼミ A班 統計学が自殺を防ぐ!?
第16位 熊谷ゼミ A班 愛媛県をより幸福に。
第16位 加藤ゼミ B班 宇和海の養殖真珠と世界経済
第16位 蓮井ゼミ C班 松山大学学生意識調査~一般基礎演習と経済基礎演習は必要なのか~
第16位 熊谷ゼミ C班 テレビコマーシャルの分析
第20位 松浦ゼミ C班 宅配クライシス
第20位 井上ゼミ E班 路面電車の賃金について
第20位 井草ゼミ D班 成績に影響する日常生活! タバコ・パチスロ・居眠りってどうなの!?
第20位 溝渕ゼミ D班 キミの年収はすでにきまっている!?
第24位 掛下ゼミ C班 愛媛と高知の銀行の比較
第24位 熊谷ゼミ D班 お金の使い方の傾向
第24位 道下ゼミ C班 工業・情報分野を活用した人手不足対策
第27位 松井ゼミ A班 里山の保全と経済活動
第28位 溝渕ゼミ A班 【検証】YouTuberとTVCM比べてみたら大変なことになった
第28位 蓮井ゼミ D班 マイナス金利政策のメリットとデメリット~理論的再検討~
第28位 道下ゼミ D班 人手不足

2016年度 第30回松山大学経済学部ゼミナール大会

<最優秀賞>

 部会 班  テーマ 
第1部会  赤木ゼミ A班 地域通貨による循環型社会の創出
第2部会  赤木ゼミ B班 農商工連携ビジネスの取り組みと成果
第3部会  赤木ゼミ C班 古民家を活用した地域再生
第4部会  溝渕ゼミ B班 授業評価アンケートは続けるべきか?
第5部会   熊谷ゼミ A班 通信技術の発達による生活の変化
宮本ゼミ A班 ネコノミクス
第6部会  安田ゼミ C班 ペット保険の歴史的展開と将来性
第7部会  溝渕ゼミ A班 ひまなひまた改革
第8部会 

溝渕ゼミ C班

じゃんけんに勝つんじゃけん
第9部会  井草ゼミ D班 学生生活を有意義に送るには!
第10部会  清野ゼミ C班 EU経済
第11部会  宮本ゼミ B班 なぜLCCが普及する中で大手の売り上げが伸びたのか?
第12部会  清野ゼミ B班 世界経済の展開とTPP
道下ゼミ D班 東南アジアの経済成長

<優秀賞>

 部会 班  テーマ 
第1部会   掛下ゼミ C班 愛媛銀行とまちづくり
熊谷ゼミ C班 住みやすい愛媛県づくり
第2部会   久保ゼミ D班 ふるさと、愛媛の活性化
宮本ゼミ D班 日本と海外の少子化対策
第3部会   松浦ゼミ B班 放置自転車の貸し出しによる地域産業の活性化
久保ゼミ C班 往古来今のまち―時をかける道後
第4部会   井草ゼミ C班 東日本大震災の発生が若者のキャリアや賃金に与える影響
中嶋ゼミ B班 南海トラフ地震が及ぼす経済被害
第5部会  道下ゼミ A班 インバウンド消費
第6部会   溝渕ゼミ D班 走らな 損! 愛媛マラソン
熊谷ゼミ B班  宝くじに夢はあるか
第7部会   熊谷ゼミ D班 スーパーマーケットにおける最高の接客術
宮本ゼミ C班 機会化―人間は幸せになるのか―
第8部会   加藤ゼミ B班 中山間地域における高齢者と買い物難民
井草ゼミ A班 食育に関する意識調査
第9部会   松浦ゼミ D班 大型ロックフェスを愛媛県で開催するには
久保ゼミ B班 農業したい人のために
第10部会   道下ゼミ B班 インド経済
掛下ゼミ A班 リーマンショックが主要国の与えた影響及び日本企業が受けた影響
第11部会  松浦ゼミ C班 消費税引き上げ延期
中嶋ゼミ D班 アベノミクスは成功しているのか?
第12部会  張ゼミ G班 社会保障制度の展望
経済学部書評賞

書評賞とは

2019年度経済学部書評賞授与式が、2019年6月20日(木曜日)、経済学部長室にて行われた。平成14年度より始まったこの制度は、経済学部推薦入試の合格者を対象に、入学までの学習活動を継続できるよう課された4つの課題のひとつ「『書評』にチャレンジしよう!」の優秀な作品に贈られるものである。課題は10冊の指定図書の中から1冊を選んで『書評』としてまとめるもので、基礎学習の継続と読書活動の推進を図ることを主な目的としており、2019年度は優秀賞3名が表彰された。

 授与式では、松浦一悦経済学部長から受賞者へ賞状が手渡され「AI化が進む時代で読解力は非常に重要になります。内容を理解して、記述ができる能力は、すごく基本的なことで重要です。これからも大学の図書館を利用するなど、沢山のいい本に出合いながら勉強に励んでください」と祝福と激励の言葉が送られた。続いて行われた歓談では、審査委員長や指導教授からも祝福と賞賛の言葉が贈られた。受賞した学生は「自分の力で書き上げた書評が賞をいただくこととなり、とても驚きました。今後も本を読んで勉強に励みたいと思います」と感想を話してくれた。
 受賞者は以下の通り。
【優秀賞】市川 天音さん(経済1年)、佐々木 万里さん(経済1年)、清家 哲也さん(経済1年)

書評賞 表彰者一覧

2019年度 経済学部書評賞

氏名 課題図書
優秀賞

佐々木 万里

 

書評作品

書 名:ジュンのための6つの小曲

著者名:古谷田 奈月

出版社:新潮文庫

優秀賞

市川 天音

 

書評作品

書 名:日本人の9割が知らない日本の作法

著者名:小笠原 清忠

出版社:青春出版社(文庫)

優秀賞

清家 哲也

 

書評作品

書 名:日本人の9割が知らない日本の作法

著者名:小笠原 清忠

出版社:青春出版社(文庫)

2018年度 経済学部書評賞

氏名 課題図書
最優秀賞

村中 美友

 

書評作品

書 名:君たちはどう生きるか

著者名:吉野 源三郎

出版社:岩波書店

優秀賞

永岡 あいか

 

書評作品

書 名:君たちはどう生きるか

著者名:吉野 源三郎

出版社:岩波書店

優秀賞

二神 泰佳

 

書評作品

書 名:諦める力 〈勝てないのは努力が足りないからじゃない〉

著者名:為末 大

出版社:プレジデント社

優秀賞

庄治 瑞季

 

書評作品

書 名:わたしを離さないで

著者名:カズオ・イシグロ(著)、土屋 政雄(訳)

出版社:早川書房

2017年度 経済学部書評賞

氏名  課題図書 
最優秀賞 

高橋 綾香 

 

書評作品

書 名:破船

著者名:吉村 昭

出版社:新潮社

優秀賞

桑重 湧人 

 

書評作品

書 名:世界の国1位と最下位―国際情勢の基礎を知ろう

著者名:眞 淳平

出版社:岩波書店

2016年度 経済学部書評賞

氏名 課題図書
優秀賞

白石 萌

 

書評作品

書 名:命売ります

著者名:三島 由紀夫

出版社:ちくま文庫

海事経済論 ―世界経済を担う愛媛の海運産業―

海事経済論とは

松山大学経済学部では、M汽船寄附講座「海事経済論」を公開講義として開講いたします。この講座は、国際物流を担う造船業や海運業の集積地域である愛媛において、国際貿易を支える海運産業の実態と将来について理解を深めてもらうことを目的に2009年度より始まり、今年で第12回目を迎えます。本学の学生だけでなく、一般の皆様も受講していただくことができます。ご参加を心よりお待ち申し上げております。

2020年度講義について

 

開講期間 2020年10月7日(水曜日)~2021年2月3日(水曜日)
※毎週水曜日 12時30分~14時00分(3時限目)
場所 松山大学 樋又キャンパス 2階 H2A教室
※駐車場はありませんので公共交通機関をご利用ください。
受講料 無料
定員 100名(先着順)

※詳細はこちらのPDF をご覧ください。

※日程表はこちら から

 ※講義日程及び担当者は上記のPDFに掲載しておりますが、変更する場合がございます。
   最新情報についてはこちらのページからお知らせします。

お申し込み

お申込みは松山大学教務部教務課まで。

受講申込書はこちら から

〇メールでの受講申し込み
 E-mail:mu-kyomu@matsuyama-u.jp

※題名に「海事経済論受講申込」、本文に受講申込書の内容を入力の上、上記のアドレスに送信してください。

〇FAXでの受講申し込み
 FAX:089-923-8920

※受講申込書に記入の上、上記の番号に送信してください。

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
教務課
電話
089-926-7137
PAGE TOP