クリックするとメニューが開きます
scroll
社会学研究科

学位論文

学位論文審査基準

修士論文審査基準

修士課程の学位論文は、下記の基準に基づいて総合的に評価される。

  1. 課題・テーマ・目的の明瞭性および適切性
  2. 先行研究・資料の取り扱いの適切性
  3. 研究方法・分析手法の適切性
  4. 論理展開・論文構成の適切性
  5. 倫理的配慮の適切性

博士論文審査基準

博士後期課程の学位論文は、下記の基準に基づいて総合的に評価される。

  1. 課題・テーマ・目的の明瞭性および適切性
  2. 先行研究・資料の網羅的かつ体系的な渉猟性
  3. 研究方法・分析手法の適切性
  4. 論理展開・論文構成の適切性
  5. 倫理的配慮の適切性
  6. 学術的な独創性
  7. 当該研究分野・領域における学術的貢献度

博士論文要旨一覧

2017(平成29)年3月学位授与

辻 真美(論文審査委員 主査 牧園清子、副査 小松洋・水上英徳・春日キスヨ)

2014(平成26)年3月学位授与

大久保 武(論文審査委員 主査 市川正彦、副査 水上英徳・小松洋・甲斐朋香)

2011(平成23)年3月学位授与

岡 京子(論文審査委員 主査 春日キスヨ、副査 小林甫・牧園清子・天田城介)

修士論文一覧

2019(平成31)年3月 学位授与

天野 博之(論文審査委員 主査 永野武、副査 山田富秋・石川良子)

  • 障害児教育の批判的検討ー障害児教育を受けた者の立場からー

木村 玲奈(論文審査委員 主査 松原日出子、副査 中谷陽明・大倉祐二)

  • 「要支援」高齢者の生活支援サービス・ニーズの現状と課題

2015(平成27)年3月 学位授与

渡部 健(論文審査委員 主査 市川正彦、副査 小松洋・永野武)

  • 『女性防火クラブと地域社会』―地域社会は南海トラフ巨大地震にどう備えるべきか―

石 越(論文審査委員 主査 永野武、副査 石川良子・大倉祐二)

  • 『応試教育』下の遊び―順応生と反抗生の事例研究を通じて―

2013(平成25)年3月学位授与

渡邉 文春(論文審査委員 主査 山田富秋、副査 春日キスヨ・今枝法之)

  • 『障がい児を持つ家族の変容プロセス』―社会構築主義的ライフストーリー研究―

2012(平成24)年3月学位授与

楠橋 康弘(論文審査委員 主査 鶴木眞、副査 永野武・水上英徳)

  • 『皇民化政策』を通してみた日本の『南進政策』―南洋諸島からみた日本史の連続性―

豊島 美知(論文審査委員 主査 春日キスヨ、副査 永野武・山田富秋)

  • 里親制度の再検討―当事者の体験記を通して―

2010(平成22)年3月学位授与

青野 可奈子(論文審査委員 主査 春日キスヨ、副査 牧園清子・永野武)

  • 支援ニーズの形成における本人・家族・支援者の認識のズレに関する研究―障害者相談支援における、施設入所をめぐるやり取りを通して―

山田 悦子(論文審査委員 主査 小林甫、副査 小松洋・辻泉)

  • 地域医療における公立病院看護師の役割再考―愛媛県A病院と高知県B病院における地域看護の比較分析を通して―

2009(平成21)年3月学位授与

西岡 真希子(論文審査委員 主査 山田富秋、副査 牧園清子・今枝法之)

  • 差別社会をどう生きるか ―グレゴール型被差別体験をめぐって―

山口 康夫(論文審査委員 主査 横山知玄、副査 小林甫・春日キスヨ)

  • 現代社会の死と受容 ―死にゆく人と見送る人の死をめぐって―

2008(平成20)年3月学位授与

尾﨑 沙織(論文審査委員 主査 春日キスヨ、副査 小林甫・牧園清子)

  • 離婚の増大にみる戦後家族の変容  家庭裁判所家庭事件研究会機関紙『ケース研究』の分析から

谷 直樹(論文審査委員 主査 小林甫、副査 春日キスヨ・山田富秋・市川正彦)

  • 高齢者の自己アイデンティティと地域コミュニティ―通所ケアを利用する高齢者の生活構造の変化との関わり―

姚 瑶(論文審査委員 主査 千石好郎、副査 今枝法之・永野武)

  • 格差拡大をめぐる諸言説の比較研究
このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
教務課
電話
089-926-7137
PAGE TOP