クリックするとメニューが開きます
scroll
薬学部医療薬学科

あいさつ

社会から求められる薬剤師をめざして   

松山大学薬学部は、平成18(2006)年4月に愛媛県唯一の薬学部として地元の要望に応えて開設されました。折しも、この年から薬学部6年制教育が開始されました。薬学部6年制教育は、広範な医療に関する知識に加えて、医療の現場での学習を通して、患者さん個人に対する対応や多職種が連携するチーム医療などについて学ぶ必要性から導入されました。我が国はすでに超高齢社会を迎え、さらに高齢者の割合が急速に増加しています。そのような状況にあっては、医療そのものの必要性に加えて、患者さん個人個人への柔軟な対応はますます重要になります。

松山大学では「三実主義(真実・実用・忠実)」の理念を校訓として掲げています。この精神は、薬学部の教育にとっても基礎となるもので、科学的な根拠に基づく薬の取り扱い、医療現場における実践、そして人の心に寄り添った医療、と言い変えることができます。これらは6年制教育の理念とも合致するものです。

薬学は、化学や生物などを基礎として、生物(人)への科学的なアプローチを試みるという点では、生命の科学を総合的に学ぶことができる分野であり、患者さん個人個人への柔軟な対応やチームとしての医療の重要性などを考えると、理系と文系が融合した総合的な分野であると言うことができます。歴史ある文系大学であった松山大学に薬学部が設置されたことは、そのような点からも意義深いものです。それだけの広い知識と人間力を持つことになる卒業生には、卒業後の幅広い進路選択の可能性もあります。

松山大学は地域と強いつながりを持って発展してきましたが、地域に貢献することは薬学部にとっても大きな目標の1つであり、地域の医療機関・施設や教育機関との密接な連携関係は教育や研究にとって欠かすことはできません。こうした周囲の協力を得ながら、松山大学薬学部では、人間性の豊かな、今後の医療に対応できる医療人を養成して参ります。

薬学部長 野元 裕

このページに関するお問合せは下記までお寄せください。
薬学部事務室
電話
089-926-7193
PAGE TOP